妊娠中絶の慰謝料や中絶費用の示談書

妊娠中絶の慰謝料や中絶費用

下記のとおり、妊娠中絶の慰謝料は請求できないと考えられていますが、病院代や中絶費用の請求はできますので、後で費用を証明できるように領収書などを保管しておく必要があります。

妊娠中絶の慰謝料

女性の立場としては納得ができないかもしれませんが、原則的には、2人とも合意の上で関係を持ち、その結果、妊娠したのであれば、その後に女性が中絶せざるを得なくなったとしても、相手男性に対して妊娠中絶に対する慰謝料を請求することはできないと考えられています。

これが一般的な考え方だと思われますが、平成21年10月に、東京高裁で、女性側の請求を一部認めて、治療費等の半額と慰謝料100万円の損害賠償を認める判決が出ているようです。

この考え方はまだまだ主流ではないのかもしれませんが、一般的には、男性側から女性に対して、病院代や治療費の他に、何らかのお金が支払われることもあるようですし、今まで交際してきた女性に対して、女性にとって重大な決断をさせているわけですので、やはり金額の多い少ないは別にしても何らかの責任を取るということも必要なのかもしれません。

慰謝料という名目ではなくても、解決金としてでも男性側から何らかのお金を支払うということでいいのではないかと個人的には考えております。

お互いの話し合いの中で、病院代や治療費の支払いにあわせて、慰謝料にあたるようなお金を支払うということになれば示談書を交わして示談または和解に進みます。

なお、婚約破棄の慰謝料を請求できる場合もありますので、すでに婚約をしていたと考えられる場合は検討してみる必要があるでしょう。


未成年者の方の妊娠中絶

お父さんお母さんが感情的になりすぎないように注意が必要です

未成年者の方の妊娠や中絶の場合には、病院代や中絶費用、慰謝料等の支払いについて、どうしてもお父さんお母さんの関与が必要になってくると思います。

精神的なケアも重要な問題です。

お父さんお母さんが感情的になりすぎて、本来の目的というか、本当に重要なことから外れてしまわないように注意するようにしてください。

当事者の方はまだ未成年者で大きな動揺をしていると思われますので、あまり強く叱りすぎないようにしなければ、問題をさらに難しくしてしまうこともありえますので注意が必要です。

両方のご両親と当事者で話し合って、当事者の意見も尊重しながら進めていくといいでしょう。

また、中絶費用や慰謝料の支払いについて、示談書を交わす場合には、未成年者の契約では不備がありますので、お父さんお母さんの関与が必要となります。

お父さんお母さんがご心配されていらっしゃることは未成年のお子さんも理解できているはずですので、未成年者の方の気持ちも尊重しながら、ご家族で話し合って、できるだけ良い方向に進むことができようにしていきましょう。


示談書作成費用

示談書作成費用:2万1600円(郵送料・消費税込み)

妊娠中絶の慰謝料や中絶費用などを一括で支払う場合には公正証書ではなく示談書を作成することが多いです。

妊娠中絶の示談書作成のお問い合わせ


示談書作成のメリット

慰謝料を支払う立場になった場合には、必ず慰謝料を支払う前に示談書を作成しておきましょう。

実際にあったケースですが、慰謝料を50万円支払うことになり、誰にも相談しないで、しかも何の書面も作らないで相手方に慰謝料を支払いました。

その数ヵ月後、相手から電話があり、「あんたのことを考えるだけでムカつく。慰謝料をあと30万円支払え。」と言われて支払った。

このようなことが2回も続き、総額100万円を超える慰謝料を支払ったというケースが実際にあります。

このようなことを防ぐための条項を示談書に記載しておかなければいけません。

また、会社や学校などにいろいろ暴露されても困りますので、これについても示談書に記載しておかなければいけません。


示談書作成はぜひ専門の行政書士にお任せください

誰かに相談することによって少し冷静になれたり気持ちが落ち着いたりすることもあります

当事務所では、妊娠中絶や婚約破棄をはじめ、不倫の慰謝料請求や離婚についての書面作成のご相談やご依頼を多くお受けしておりますので、それらの経験を活かしたアドバイスをすることができます

専門の行政書士に依頼することによって完成度の高い示談書を作成することができることはもちろんですが、経験豊富な行政書士にご相談やご依頼いただくことで気持ちが落ち着くこともあるでしょう。

自分ひとりで妊娠中絶や婚約破棄の問題に対応することは不安が多いと思いますが、誰かに話を聞いてもらうだけでも気持ちが落ち着くことはよくあることです。

そんな時には、ぜひ、ご相談くださいますようお願いいたします。


ご依頼者の方からご感想をいただきました

妊娠中絶の示談書作成 東京都世田谷区

1.東京からのご依頼でしたが、特に不都合な点はございましたか?
⇒電話ですぐ相談させていただけていたのでとても心強く全く遠方でも問題ありませんでした。

2.妊娠中絶の示談書作成の依頼をしてみて満足度はどうですか?
⇒要望が網羅されていたところです。

3.メッセージがありましたらお願いいたします。
⇒本日に今回は色々とありがとうございました。
また何かご依頼する機会がありましたら何卒宜しくお願い致します。


全国対応!! 妊娠中絶の示談書のお問い合わせ

行政書士

メールでのご相談

大阪


このページの先頭へ