加害者側になってしまった方へ…

自分やご家族のためにも早急に示談を進めましょう

結果的に、人を殴ったり、傷付けてしまったりしてしまったのではあるけれど、そこに至るまでの経緯はいろいろあると思います。

駅や飲食店などでたまたま何か原因があり、もみあっているうちに、結果的に相手方を傷付けてしまったということかもしれません。

当然ながら、何の原因もなければこうなっていないはずですので、最初のきっかけを作ったのは相手方だと主張したいケースもあるでしょう。

明らかに一方的に非があるのではなく、結果的に自分が加害者側のような立場になってしまった…というケースもあるでしょう。

しかも、それほど大きな被害ではない…ということもあるでしょう。

ただ、結果的には、自分が加害者側の立場になってしまっていることは確かですので、ここで自分の言いたいことを強く主張し続けても、相手方が態度を固くしてしまうだけですので何とかうまく示談に応じてもらうようにするほうがいいでしょう。

本心では納得はできないことがあるかもしれませんが、仕方がありません。

できるだけ速やかに相手方と話し合い、治療費や慰謝料の金額を決めて、示談書を交わすことが重要です。

傷害や暴行の慰謝料と示談書作成

人を殴ってケガをさせてしまった場合には、被害者に対して傷害や暴行の慰謝料や治療費を支払うことになるとともに、刑事事件として傷害罪に問われる可能性があります。

ただ、被害者側のケガが軽微な場合には、和解や示談が成立すれば被害届しない、または被害届を取り下げてもらうことができますので、加害者としては、まずは被害者側に謝罪して、和解や示談ができるように進めていくことが重要です。

ケガをさせてしまった経緯やあなたの対応によっては、相手方もあなたの気持ちをくみ取り示談に応じてもらえるかもしれませんので、まずは、被害者に謝罪して、治療費や慰謝料の金額や支払い方法について早急に話し合ってみるべきでしょう。

冷静に対応することが非常に重要ですので、その点は絶対に忘れないようにしてください


示談書作成費用

傷害の慰謝料や治療費の示談書作成費用:2万1600円(郵送料・消費税込み)

慰謝料や治療費を一括で支払う場合には公正証書ではなく示談書を作成することが多いです。


行政書士に依頼するメリット

あなたのそばに行政書士がいるということ

あなたは、もちろん自分がしてしまったこととはいえ、この数日間は精神的に不安定な状況で過ごしたことだと思います。

誰かに話をすることで精神的に落ち着くこともありますし、あなたのそばに行政書士がいることは示談書作成にあわせて精神的にもメリットがあると思われます。

法的に完成度が高く、そのケースに応じたバランスの取れた示談書を作成することができます

行政書士事務所には事務所によってそれぞれいくつかの専門分野がありますが、当事務所では、示談書作成または内容チェックのご依頼をたくさんお受けさせていただいてきましたので、他の事務所の先生が作成されている示談書を見る機会も多くあります。

それらの経験を活かして、より良い内容の示談書を作成することができます。


ご依頼者の方からご感想をいただきました

示談書作成(慰謝料を請求れていた方からのご依頼・静岡県・男性)

はじめは遠方からの問い合わせもあって、機械的で事務的に処理されていくのかと思っていましたし、緊張していてこんなことを相談するのもためらっていたのですが、その気持ちが逆転しました。

日々の鬱な気分も前向きに変わりました。

ご多忙にもかかわらず、迅速な対応と特に連日の夜間における対応には本当に感謝しております。

示談書作成におきましても、なにひとつ不満はございません。

知識不足な点が私に多々あったと思いますが、丁寧にご指導していただきました。

このような件でお世話になるのは正直最後にしたいのですが、高瀬先生のことは決して忘れません。

ほんとうにありがとうございました。

全国対応!! 傷害や暴行の示談書作成のお問い合わせ

行政書士

メールでのご相談

大阪



Sponsored Link



このページの先頭へ